Don Drummond
1932 - 1969
Trombonist

Don Drummondドン・ドラモンド

『世界で5本の指に入る』と称される孤高の天才トロンボーン奏者

9歳の頃、音楽学校アルファ・ボーイズ・スクール(Alpha Boys School)に入学するとすぐにトロンボーンの才能を開花させ、卒業後には複数のバンドで活動するようになる。1956年にはジャズ・シンガー、サラ・ボーン(Sarah Vaughan)と共演し、『世界で5本の指に入るトロンボーン奏者』と賞賛された有名なエピソードがある。

1960年代に入ってコクソンによって集められたミュージシャンの一人で(メンバーはRoland Alphonso(サックス)、Lester Sterling(サックス)、Jackie Mittoo(ピアノ)など)彼らはスカタライツ(The Skatalites)と呼ばれるようになる。この頃からすでに精神を患い入退院を繰り返していたドン・ドラモンドだがその評価が揺るぐことはなかった。スタジオ・ワン(Studio One)トップ・デッキ(Top Deck)トレジャー・アイル(Treasure Isle)にスリリングな名曲を数々残している。しかし精神状態が次第に悪化すると、演奏に集中できなくなっていき、奇行が目立つようになる。ついに65年には恋人Margaritaを殺害し精神病院に隔離されてしまう。
その後1969年37歳の若さでこの世を去るまで病院から出ることはなかった。

Related
RECORDS

Related
LABELS

  • Studio One
  • Treasure Isle
  • Top Deck
  • Randy’s