The Maytals
Vocal Group

The Maytalsメイタルズ

ゴスペルをベースとしたソウルフルなヴォーカル・グループ

フレデリック’トゥーツ’ヒバート(Frederick ‘Toots’ Hibbert)、ヘンリー’ラリー’ゴードン(Henry ‘Raleigh’ Gordon)、ネザニエル’ジェリー’マッカーシー(Nethaniel ‘Jerry’ McCarthy)のコーラストリオ。幼少期からバプティスト教会で歌っていたゴスペルをベースとしたソウルフルな歌声で人気を博す。後にToots & The Maytalsと改名する。

62年にスタジオ・ワン(Studio One)から’Hallelujah’でデビューするも、コクソン(Coxone)との金銭的もつれから翌63年にはプリンス・バスター(Prince Buster)の下へ。その関係も長続きせずに64年にはバイロン・リー(Byron Lee)の下で録音。’Daddy’、’It’s You’、’Bam Bam’といったヒットを飛ばす。その後マリファナ所持でトゥーツが1966年から1968年のあいだ投獄されたため、メイタルズのロックステディー(Rocksteady)の楽曲はない。晴れて出所すると自らの囚人番号をタイトルにした’54 46 Was My Number’をレスリー・コングのレーベル、ビヴァリーズ(Beverleys)からリリース。

その後も’Do the Reggay’で「レゲエ(Reggae)」という呼称を決定づけ、’Monkey Man’、’Pressure Drop’、’Night and Day’などのレスリー・コングが亡くなる71年までビヴァリーズから名曲を次々リリース。1972年にはバイロン・リーのダイナミック・サウンズに再び戻っている。トゥーツ・ヒバートは現在でも精力的に活動をおこなっているレゲエ界の巨匠である。

Related
RECORDS

Related
LABELS

  • Beverleys